シリーズ作品の読む順番

恩田陸「常野物語シリーズ」読む順番とあらすじまとめ

恩田陸「常野物語シリーズ」読む順番とあらすじまとめ

恩田陸さんの「常野物語シリーズ」は、特殊な能力を持つ「常野」の人々を描く、根強い人気を持つシリーズ作品です。

そんな恩田陸さんの「常野物語シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

恩田陸「常野物語シリーズ」読む順番

全3作が集英社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

3作の一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『光の帝国』(1997年)

短編集

<あらすじ>
恋膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。

穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?

不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。

こちらが第1作目。

不思議な力を宿す常野の人々。それでいて優しさをまとう人々の生き方が心に響きます。

2.『蒲公英草子』(2005年)

<あらすじ>
青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。

他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから…、不思議な能力を持つという常野一族。

槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。

今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。

2作目は長編です。東北の農村で繰り広げられる感動の物語です。

読み方は「たんぽぽそうし」です。

3.『エンド・ゲーム』(2006年)

<あらすじ>
『あれ』と呼んでいる謎の存在と闘い続けてきた拝島時子。『裏返さ』なければ、『裏返され』てしまう。

『遠目』『つむじ足』など特殊な能力をもつ常野一族の中でも最強といわれた父は、遠い昔に失踪した。そして今、母が倒れた。

ひとり残された時子は、絶縁していた一族と接触する。親切な言葉をかける老婦人は味方なのか? 『洗濯屋』と呼ばれる男の正体は?

緊迫感溢れる常野物語シリーズ第3弾。

3作目もさまざまな能力を持つ人々が現れます。緊迫感を孕んだ展開にページを繰る手が止まりません。



映画版「娼年」

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

2018年に松坂桃李さん主演で映画化されています。

Amazon prime videoでレンタル配信されています

まとめ

それではおさらいします。

恩田陸「常野物語シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

現在3作が刊行されていますが、15年以上も新作は出ていません。できれば続きが読んでみたいものですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です