小説

小川糸「ツバキ文具店シリーズ」の最新刊と読む順番、続編、あらすじまとめ

小川糸「ツバキ文具店シリーズ」の最新刊と読む順番、続編、あらすじまとめ

小川糸さんの「ツバキ文具店シリーズ」は代筆を行う文具店を舞台に、あたたかい人間模様を描いた人気シリーズです。

そんな小川糸さんの「ツバキ文具店シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

小川糸「ツバキ文具店シリーズ」読む順番

続編を含めて4作が幻冬舎から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

1.『ツバキ文具店』(2016年)

<あらすじ>
鎌倉で小さな文具店を営むかたわら、手紙の代書を請け負う鳩子。

今日も風変わりな依頼が舞い込みます。友人への絶縁状、借金のお断り、天国からの手紙……。身近だからこそ伝えられない依頼者の心に寄り添ううち、仲違いしたまま逝ってしまった祖母への想いに気づいていく。

大切な人への想い、「ツバキ文具店」があなたに代わってお届けします。

こちらが第一作です。

鎌倉の文具店を舞台に、風変わりな代書の依頼が次々と舞い込んできます。人と人との繋がりを、あたかかい視点で描きます。

2.『キラキラ共和国』(2017年)

<あらすじ>
亡き夫からの詫び状、憧れの文豪からのラブレター、大切な人への遺言……。

祖母の跡を 継ぎ、鎌倉で文具店を営む鳩子のもとに、今日も代書の依頼が舞い込みます。バーバラ婦人や男爵とのご近所付き合いも、お裾分けをしたり、七福神巡りをしたりと心地よい距離感。

そんな穏やかで幸せな日々がずっと続くと思っていたけれど。『ツバキ文具店』続編。

こちらが続編になります。

主人公の鳩子の内面や心情がより強く描かれています。

『ツバキ文具店』番外編

『ツバキ文具店の鎌倉案内』(2018年)

代書のお礼に男爵がご馳走してくれた「つるや」のうなぎ。

初デートでモリカゲさんと仲良く食べた「オクシモロン」の和風キーマカレー。

七福神巡りで歩き疲れたみんなを癒してくれた「光泉」のお稲荷さん。

QPちゃんの大好物「パラダイスアレイ」のニコニコパン。

ツバキ文具店の店主・鳩子の美味しい出会いと素敵な思い出がつまったエッセイ。

鎌倉案内をつづったエッセイです。

ツバキ文具店の世界観を知ることのできる一作です。



ドラマ版「ツバキ文具店シリーズ」

2017年にNHKで『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』としてドラマ化されています。

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜(2017)

多部未華子さん、高橋克典さんが主演です。

「ドラマ10」枠として放映。

NHKによる公式サイトが開設されています。



まとめ

それではおさらいします。

小川糸「ツバキ文具店シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

ほっこりあたたかい作品を求めている方にぴったりのシリーズです。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です