小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】山口恵以子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

山口恵以子の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■7月11日(金)0時から7月15日(月)23時59分までAmazonプライムデー先行セールが開催中。以下エントリーをお忘れなく。

最大15%ポイントアップキャンペーン

2013年『月下上海』で第20回松本清張賞を受賞しデビューした山口恵以子(やまぐち・えいこ)さん。「食堂のおばちゃん」シリーズが人気です。

そんな山口恵以子さんの新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

山口恵以子の単行本新刊情報

1.『山口恵以子のめしのせ食堂: こころとお腹を満たす物語と「ご飯のおとも」』(2024/1/24発売)

最新刊

小学館

<あらすじ>
食堂と酒をテーマにした『食堂のおばちゃん』『婚活食堂』『ゆうれい居酒屋』シリーズが累計で100万部を突破した小説家の山口恵以子さん。

このたび、「ご飯のおとも」が登場する10編の新作を書き上げました。東京の片隅で夜だけ営業する「めしのせ食堂」。今宵も元デパート勤務の女将が用意するアツアツのご飯に味噌汁、そして全国から取り寄せた自慢の「ご飯のおとも」を目当てにお腹と心を満たそうとさまざまな客が訪れます。

小説に登場する40品は「ご飯のおとも」専門家の長船クニヒコさんが取り寄せも含めて詳しく紹介しています。

こちらが単行本の最新刊になります。

2.『ライト・スタッフ』(2020/12/5発売)

潮出版社

<あらすじ>
映画観客人口がピークを迎える昭和33年。

名優、名監督が綺羅星のごとく存在した時代。刻々と移り行く時代のなかで、それでも変わらない心揺さぶるもの、人が懸命に生きる姿を、松本清張賞受賞作家が描く!

 

3.『いつでも母と』(2020/3/5発売)

エッセイ集

小学館

<あらすじ>
二〇一九年一月十八日、山口恵以子さんは最愛の母を自宅で看取った(享年九十一)。

いくつもの後悔と色褪せない幸せな思い出。

いつでも二人三脚で生きてきた独身の娘と老い衰えていく母の軌跡を綴るメモワール。

文庫版が発売です(下記参照)。

4.『夜の塩』(2019/3/8発売)

徳間書店

<あらすじ>
十希子は、母が格式ある料亭「千代菊」の中居として働き、女子大を卒業。

私立の名門女子高で、英語教師として働き始めて1年。同僚との婚約も決まり、母は娘の花嫁姿を見るのを楽しみにしていた。

心中死の真相を探るため、中居として渦中に入り、事件の背後を探ってゆく…。愛と復讐のせめぎあい!

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



山口恵以子の文庫本新刊情報

1.『枝豆とたずね人 ゆうれい居酒屋5』(2024/6/5発売)

文庫最新刊、短編集

文藝春秋

<あらすじ>
新聞の「尋ね人」の欄から意外な出来事が起こったり、嵐の夜やお祭りの夜にはどんなお客さんが訪れるのか?

そして学校のタイムカプセルに封じ込められた秘密が明かされる!?

時短レシピも大好評の人気シリーズ第5弾!

 

2.『婚活食堂 11』(2024/5/9発売)

短編集

PHP研究所

<あらすじ>
「めぐみ食堂」の仕入れ先である、豊洲市場の鰹節屋の娘が“玉の輿婚”の末、子供を連れて実家に戻ったという。事情を聞いた恵は、同じく仕入れ先である、つまもの屋の若旦那から彼女との恋の仲立ちを頼まれ、ひと肌脱ごうとする。

一方、ある常連客の女性が、一度に二人の男性から思いを寄せられて……。

豆腐と塩鮭の鉢蒸し、マンゴーのカナッペなど、お酒に合う新メニューも満載の人気シリーズ第11弾!

 

3.『おむすび縁結び 食堂のおばちゃん』(2024/1/13発売)

角川春樹事務所

<あらすじ>
ロールキャベツ、グラタン、金目鯛の煮つけ、鶏天、豆ご飯──姑の一子と嫁の二三、手伝いの皐の三人で仲睦まじく営む「はじめ食堂」は、飾らぬ美味しさと人情味あふれる人気店。

二三たちは料理を通してお客に日々笑顔を届ける傍ら、近所のラーメン店の主・千歳さんの結婚式に出席したり、家族の病気を心配したり……。

人生のステージが変わっても、「はじめ食堂」のほっとする味は変わらない。続々重版の大人気シリーズ、さらにパワーアップ。どの巻からでもお楽しみいただけます。

 

4.『とり天で喝! ゆうれい居酒屋4』(2023/12/6発売)

文藝春秋

<あらすじ>
新小岩にある居酒屋・米屋には今日も悩める一見さんがご来店。

元ボクサーやホストに入れ込む女子大生、おまけに季節外れの幽霊まで?

 

5.『昭和の焼きめし 食堂のおばちゃん』(2023/7/14発売)

角川春樹事務所

<あらすじ>
三種のコロッケ、鶏じゃが、野菜たっぷりタンメン、焼きめし……

姑の一子と嫁の二三に手伝いの皐の三人で仲良く営む、東京は佃の「はじめ食堂」は、気取らないおいしい料理と時にはおせっかいも焼く人情味が魅力の人気店。

賑やかなランチが終わった九月のある日のこと、近所の「鳥千」のご主人がやってきて、焼き鳥屋を閉めて引退し、店をラーメン屋を開業する女性に貸すという。それが大騒動の始まりで──

元食堂のおばちゃんによる、続々重版の大人気シリーズ、ますます絶好調。

 


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

精力的に作品を発表している山口恵以子さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。