シリーズ作品の読む順番

伊坂幸太郎「陽気なギャングシリーズ」の最新作と読む順番(刊行順)、あらすじまとめ

伊坂幸太郎「陽気なギャングシリーズ」の最新作と読む順番(刊行順)、あらすじまとめ

伊坂幸太郎さんの「陽気なギャングシリーズ」は、人を傷つけない強盗4人組の物語。それぞれ特殊な能力を持ち、チームワークで難局を乗り切っていきます。

そしてなによりも伊坂さん流の文体とテンポのよさにより、極上のエンターテインメント作品として完成されている点が人気の理由になっています。

読者初心者にもおすすめな「陽気なギャングシリーズ」の読む順番を紹介いたします!

「陽気なギャングシリーズ」の読む順番(刊行順)

現在3作が刊行されています。

おすすめの読む順番としても、刊行順が一番良いと思いますので、順番に紹介していきます。

1.『陽気なギャングが地球を回す』(2003年)

<あらすじ>
人間嘘発見器+演説名人+天才スリ+精確無比な体内時計=4人は史上最強の銀行強盗…のはずが、思わぬ誤算が。

奪われた「売上」を取り戻せ!

伊坂幸太郎ブームはここから始まった。

こちらが第一作。

特殊能力を持つ4人の銀行強盗たちが魅力的で、意外な展開が続くストーリーに一気読み。まさに「シリーズ化してほしい」と思わせる内容です。

2.『陽気なギャングの日常と襲撃』(2006年)

<あらすじ>
伊坂幸太郎ブームに火を点けた“史上最強の天才強盗”、あの4人組が帰って来た!

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリは殴打される中年男に遭遇――

4つの奇妙な事件と、華麗な銀行襲撃の裏に、さらなる謎が連鎖する…。文庫化記念ボーナス短編付き!

2作目は4人のキャラクターを深掘りしていきます。それでいてストーリーも秀逸。目が離せません!

3.『陽気なギャングは三つ数えろ』(2015年)

最新刊

<あらすじ>
絶体絶命のカウントダウン、天才強盗4人組に強敵あらわる!

陽気なギャング一味の天才スリ・久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う週刊誌記者・火尻を暴漢から救う。

だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体を気づかれたギャングたちの身辺で、トラブルが頻発。

強敵の連続攻撃で、人間嘘発見器・成瀬ら面々は断崖に追いつめられた。必死に火尻の急所を探る四人組は、やがて絶体絶命の窮地に!

映画化もされた大人気シリーズ第3弾!

第三作目は約10年ぶりの刊行。

今作の4人は最大ともいえる危機を迎えますが……どう乗り切っていくのでしょうか。

漫画版「陽気なギャングが地球を回す」

<あらすじ>
人間嘘発見器・成瀬(なるせ)、演説の達人・響野(きょうの)、天才スリ・久遠(くおん)、そして正確な体内時計を持つ雪子(ゆきこ)。

彼らは人を傷つけずに金だけを奪うのがポリシーの銀行強盗。ある日、いつものように“仕事”を終えて逃げる途中に思わぬアクシデントに見舞われる。

なんと最近巷を騒がせている現金輸送車ジャックに、4人が乗っていた車を“売り上げ”が入ったバッグもろとも奪われてしまったのだ!

そこで彼らは金を奪い返すべく動きだすが……!?

耕野裕子さんの絵で漫画化もされています。

映画版「陽気なギャングが地球を回す」

大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香主演で映画化もされています。

出演者インタビューや舞台裏といったメイキングビデオもあります。

公式ガイドブックもあります。映画界隈も充実していますね。



まとめ

それではおさらいします。

「陽気なギャングシリーズ」の読む順番は以上のようになります。

3作ですので、ぜひ読破してみてくださいね!

関連記事

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です