シリーズ作品の読む順番

有川ひろ(有川浩)「自衛隊三部作シリーズ」の読む順番、あらすじまとめ

有川ひろ(有川浩)「自衛隊三部作シリーズ」の読む順番、あらすじまとめ

有川ひろ(有川浩)さんの「自衛隊三部作シリーズ」は、自衛隊員が世界の危機を救おうと奔走していく、恋愛要素もあるSF作品です。

有川さんのデビュー作として根強い人気のある本シリーズ。

そんな有川さんの「自衛隊三部作シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

「自衛隊三部作シリーズ」読む順番

3作が刊行され、すでに完結済です。なお、番外編作品もあります。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

1.『塩の街』(2003年)

<あらすじ>
塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。

その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。

だが―「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。

『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作! 番外編も完全収録。

こちらが第一作です。

塩によって人が死ぬという病に冒された世界で、男女はどのように危機を切り抜けていくのか。SFですがリアルな世界観は一級品といった趣。

2.『空の中』(2004年)

<あらすじ>
200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?

一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―

すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。特別書き下ろしも収録。

前作とは異なる世界線で、パイロットが空で出逢った生物との関係を描きます。巧みな恋愛描写もさすが。

3.『海の底』(2005年)

<あらすじ>
200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?

一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―

すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。特別書き下ろしも収録。

こちらも生物が登場し、意外なストーリーは壮大な展開となっていきます。

番外編.『クジラの彼』(2007年)

短編集

<あらすじ>
『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』

彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる…。

表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。

『空の中』『海の底』の番外編を収録しています。



まとめ

それではおさらいします。

■本編

  1. 『塩の街』(2003年)
  2. 『空の中』(2004年)
  3. 『海の底』(2005年)

■番外編収録

有川ひろさん「自衛隊三部作シリーズ」の読む順番は以上のようになります。独特の世界観にどっぷり浸かりましょう。

それでは、良い読書体験を!

なお、有川さんの作品を含む自衛隊をテーマにした小説を以下の記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。

関連記事>「自衛隊もの」小説のおすすめ作品ランキング10作【熱い展開】

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を!

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを見てみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です