小説

神永学「怪盗探偵山猫シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ【完結】

神永学「怪盗探偵山猫シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ【完結】

神永学さんの「怪盗探偵山猫シリーズ」は、痕跡を残さず窃盗を繰り返して、悪事を暴く謎の人物「山猫」が活躍する人気シリーズ。

そんな神永学さんの「怪盗探偵山猫シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

神永学「怪盗探偵山猫シリーズ」の読む順番

現在6作が集英社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『怪盗探偵山猫』(2006年)

<あらすじ>
闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫―出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。

世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!? ライターの勝村は事件を追い始めるが…!?

平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!? 鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る山猫の活躍を描く、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー。

怪盗界に新たなヒーローが誕生。

こちらが第1作目。

強烈な印象を残す「山猫」のキャラクターが際立っています。痛快かつサスペンスフルな展開も手に汗握ります。

2.『怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス』(2013年)

<あらすじ>
鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!これぞ平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!?

神出鬼没の伝説の窃盗犯、その名は“山猫”。天才的なハッカー“魔王”が偶然手に入れた携帯番号は、悪事に天誅を下すとして最近、巷を騒がせている謎の集団、“ウロボロス”へとつながっていた。

“魔王”と“ウロボロス”、そして“山猫”、3つの正義が火花を散らす。

最後に生き残る正義はどれだ!? 痛快ピカレスク・ミステリー。

2作目。

ハッカー「魔王」、謎の集団「ウロボロス」、そして山猫の三つ巴の関係は、最後に驚きの展開を見せます。

3.『怪盗探偵山猫 鼠たちの宴』(2013年)

短編集

<あらすじ>
あるAV女優の遺体がホテルの一室で見つかった。警察は自殺と断定するが、姉の死に疑問を持った妹は、遺されていた鍵を手にバー“STRAY CAT”を訪れる。

真相を追う姉思いの彼女に迫る危機とは。鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!これは新時代の鼠小僧か、単なる盗人か!?

正体不明の謎の窃盗犯―その名は“山猫”。

超弩級のスピード感、痛快ピカレスク・ミステリー、初の短編集。

3作目。

初の短編集です。どの作品もキレがあり、一気に読ませます。

4.『怪盗探偵山猫 黒羊の挽歌』(2016年)

中編集

<あらすじ>
雑誌記者の勝村は、下北沢の夜道で男に絡まれていたところを、謎の女に助けられる。足元に落ちていた有名女子高の校章を手掛かりに、彼女の正体を探り始めた。

女子高生薬物中毒死事件との関連を疑った勝村は、詳細を調べようと動くも、謎の男からの警告を受け―。

悪事を暴き、ついでに金を盗む、神出鬼没の怪盗「山猫」。

圧倒的な疾走感でおくる痛快ピカレスク・ミステリー! 書き下ろし1編を含む計3編を収録。

4作目。

3作を収録した中編集です。安定の痛快さ。

5.『怪盗探偵山猫 月下の三猿』(2016年)

<あらすじ>
悪事を暴き、ついでに金を盗む、神出鬼没の怪盗「山猫」は新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?

雑誌記者の勝村は、猿の仮面を被った謎の男たちに襲われた少女を助ける。少女は猿の娘と名乗り、父が遺した“猿猴の月”なる物を見つけるために山猫を捜しているという。

どうやらかつて世間を賑わせた伝説の窃盗団・三猿が関係しているらしいが…。

前代未聞のスピード感で贈る、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー!

5作目。

伝説の窃盗団「三猿」が登場。山猫の活躍もますますヒートアップしていきます。

6.『怪盗探偵山猫 深紅の虎』(2019年)

<あらすじ>
下北沢にあるバー“STRAY CAT”に出入りする雑誌記者の勝村は、希代の窃盗犯“山猫”の指示で、大手通信会社のシステム開発を担う中堅企業・ビルドに侵入した。

だが、現場に残したはずの犯行声明が消え、勝村も何者かに拉致される。勝村と旧知の仲だった刑事のさくらは、彼が山猫と結託していたことを知りショックを受ける。

監禁された勝村を救いに来た山猫は銃弾に倒れ、現場に仕掛けられた爆弾が爆発した―!

彼らは正反対の信念を胸に袂を分かち、光と影は反転した―。痛快ピカレスク・アクション・ミステリー!

絶体絶命の危機が山猫に襲いかかる、シリーズ最終巻!

6作目は最新刊であり完結作。

最大のピンチが山猫を襲う最終巻。果たして結末は…?



まとめ

それではおさらいします。

神永学「怪盗探偵山猫シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

全6作ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です