小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】神永学の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

神永学の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■7月11日(金)0時から7月15日(月)23時59分までAmazonプライムデー先行セールが開催中。以下エントリーをお忘れなく。

最大15%ポイントアップキャンペーン

2004年に自費出版を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でデビューし、人気作家となった神永学(かみなが・まなぶ)さん。

八雲シリーズ等、多くのシリーズ作品を世に送り出しています。

そんな神永学さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

神永学の単行本新刊情報

1.『新 心霊探偵八雲 赤眼の呪縛』(2024/6/26発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
両眼の赤い男との戦いから4年。明政大学の助教となった斉藤八雲は、「記憶」を失い「幻覚」に苛まれる男子学生・深水蘇芳に出会う。

彼はなぜ「記憶」を失っているのか。見ているものは「幻覚」なのか、それとも――。
八雲は迷える蘇芳と共に、幽霊によって引き起こされた連続不審死事件の調査に挑む。

現場に残された「次の被害者」の名前、事故物件の謎、近づいてくる少年の幽霊。全てがつながったとき、切なくもおぞましい呪いが、明らかになる!

果たして、八雲は初めての弟子を光のもとに導くことができるのか? 心霊探偵の新たな物語が今、始まる。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『マガツキ』(2024/3/25発売)

PHP研究所

<あらすじ>
「マガツキ」は、私の夢から生まれました――作家・神永学、デビュー20周年の新境地!

黒いワンピースの少女、消えた配信者、機械に繫がれた生首、崩れた鼻、血塗れの男女……。都会に暮らす平凡な人々を襲う悍ましい怪異、「それ」の正体とは。

「その身体、私にちょうだい」

奇々怪々な事件がひとつに結びつく時、驚愕の真相が明らかになる!

予測不能な展開で恐怖の渦へと誘う、傑作ホラー小説。

 

3.『悪魔の審判』(2024/2/21発売)

講談社

<あらすじ>
闇を葬るために、闇になれ。我が身を顧みず人を守る男がここにいる。

カニバリズム、白骨化死体、議員自殺、カルト宗教団体・・・止まらぬ最悪事件の連鎖。自らを悪魔に貶める男と悪魔に縛られる者たち、最後の闘い。腐敗隠蔽止まぬ大組織と、孤立無縁の「特殊犯罪捜査室」。

この「悪魔」は事件に引き寄せられるのか、自ら事件を呼ぶのか?

 

4.『ラザロの迷宮』(2023/9/19発売)

新潮社

<あらすじ>
すべての推理が裏切られる快感! 誰もこの「謎」から抜け出せない――。大人気シリーズ「心霊探偵八雲」著者が全身全霊をかけて読者に挑む、一頁先さえ予測不能のノンストップ・ミステリ。

湖畔にある洋館を友人と一緒に訪れた月島。殺人事件の犯人を当てる、脱出型の謎解きイベントが開催されるという。だが、男女8人の参加者たちが発見したのは、本物の死体だった。一方、所轄の刑事・紗和は、血塗れで保護された男の捜査に駆り出され、本庁の刑事・久賀とコンビに。しかし男は、記憶をすべて失っていた――。

二つの事件は次第に繋がり、驚愕の真相が明らかに……。戦慄の最終章に備えよ!次々と覆される推理が、次第に快感になる――中毒必至のサイコ・ミステリ。

 

5.『月下の黒龍 浮雲心霊奇譚』(2023/2/3発売)

集英社

<あらすじ>
霊を見ることができる赤眼を持つ憑きもの落としの浮雲は、土方歳三とともに京へと旅をしていた。

浮雲は箱根で遼太郎と名乗る謎の青年と出会う。遼太郎は幽霊に憑かれやすい性質で、様々な怪異を引き寄せてしまう。

浮かぶ生首、干からびた死体、そして生贄を求める龍。次々と迫る怪異の謎を調べるうちに、浮雲たちは秘められた哀しみと愛にふれていく……

そして明らかになる遼太郎の恐るべき正体とは――

鮮烈な剣戟と、華麗な謎解き。幕末ホラーミステリの傑作。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



神永学の文庫本新刊情報

1.『心霊探偵八雲1 完全版 赤い瞳は知っている』(2024/6/14発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
死者の魂が見える赤い左眼を持つ大学生・斉藤八雲。

映画研究同好会の部室で彼と出会った晴香は、廃屋に出る幽霊について相談する。見返りを要求されただけでなく、秘めていた過去を言い当てられ八雲に不信感を抱くが、晴香の友人に危険が迫り――。

累計750万部突破、伝説のミステリーが全面改稿で再始動!

 

2.『心霊探偵八雲 INITIAL FILE 幽霊の定理』(2024/3/15発売)

講談社

<あらすじ>
事件を解き明かすのは、赤い瞳を持つ青年と数学で世を解体する学者バディ!

2022年の刊行作品の文庫版です。

3.『心霊探偵八雲 INITIAL FILE 魂の素数』(2023/11/15発売)

講談社

<あらすじ>
大学の新入生・斉藤八雲は、研究室に置きっぱなしのチェス盤の駒を動かしてしまったことで、優秀だが風変わりな准教授・御子柴岳人に目をつけられる。

ひとりでに動くぬいぐるみに人が消える肝試し――

事件を解き明かすのは、赤い瞳を持つ青年と数学で世を解体する学者バディ!

2021年の刊行作品の文庫版です。

4.『火車の残花 浮雲心霊奇譚』(2023/7/21発売)

集英社

<あらすじ>
「地獄の業火で焼かれるがいい」女の口から漏れた赤い炎が、男の全身を包んだ――。

川崎の宿場町で妖怪・火車が次々と人を焼き殺すという怪異が発生。憑きもの落とし・浮雲と薬の行商・土方歳三は、道中で知り合った才谷梅太郎(実は坂本龍馬)とともに調べを進めると、そこには若く美しい女の悲しい物語が秘められていた。

圧倒的な読み心地と猛スピードの展開、驚くべき結末が快感の時代小説。

2021年の刊行作品の文庫版です。

5.『怪盗探偵山猫 深紅の虎』(2023/2/8発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
山猫、絶体絶命のピンチに――!?

悪いやつらから華麗な手口で金をうばい、ついでに悪事をあばく謎の怪盗――その名は、山猫!

お人よしすぎて、気がつけば相棒のような存在になっていた勝村が、ミッションの途中、何者かにつれさられてしまった。それは、裏社会で「深紅の虎」と呼ばれ恐れられている男から山猫への、宣戦布告だった…!

「虎」は、山猫の幼なじみで、彼を知りつくしている存在らしい…。次々と仕掛けられる虎の攻撃に、山猫は、まさかの絶体絶命のピンチへと追いこまれる!? どう切りぬける山猫!

おとなも夢中のスリル満点のピカレスク(悪党)メガヒットシリーズが、つばさ文庫に!

2019年刊行作品の角川つばさ文庫版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『新 心霊探偵八雲 赤眼の呪縛』(2024/6/26発売)
  2. 『マガツキ』(2024/3/25発売)
  3. 『悪魔の審判』(2024/2/21発売)
  4. 『ラザロの迷宮』(2023/9/19発売)
  5. 『月下の黒龍 浮雲心霊奇譚』(2023/2/3発売)

快調に刊行を続けている神永学さん。今後も期待ですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。