小説

【2022年最新版】神永学の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

神永学の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2004年に自費出版を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でデビューし、人気作家となった神永学(かみなが・まなぶ)さん。

八雲シリーズ等、多くのシリーズ作品を世に送り出しています。

そんな神永学さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

神永学の単行本新刊情報

1.『心霊探偵八雲 Initial File 魂の素数』(2021/12/8発売)

最新刊、短編集

講談社

<あらすじ>
著者のもう一つの代表作「確率捜査官」シリーズの毒舌天然数学者・御子柴岳人が、大学の担当教官として斉藤八雲とスリリングな推理合戦を展開。

死者が見える八雲・確率で事件を解く御子柴の心霊×科学=最強バディはミステリーの常識を軽々と凌駕する! 累計700万部超、八雲シリーズのさらなる進化に注目せよ。

収録作:「亡霊のバイアス」「魂の素数」「呪いの解法」

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『火車の残花 浮雲心霊奇譚』(2021/5/10発売)

集英社

<あらすじ>
地獄へ堕ちぬ罪人は、私がこの手で灼き尽くす――。

霊を見ることができる赤眼を持つ「憑きもの落とし」の浮雲は、旅の途上の川崎で奇妙な噂を耳にする。罪人の亡骸を奪い去る妖怪・火車が、多摩川で次々と人を殺しているという。殺された者は水死体にもかかわらず、なぜか黒焦げになっていた。

一方、宿では亭主の息子が何者かに取り憑かれ、刃物を持って夜な夜な歩き回っていた。

ふたつの事件に繋がりがあると睨んだ浮雲は、連れの土方歳三と才谷梅太郎とともに調べを進める。やがて点と点が繋がったとき、衝撃の真相が明らかになる。

そして惨劇の裏に秘められた切ない想いとは――

先の読めない展開と、その果てにある慟哭。700万部突破『心霊探偵八雲』の著者が贈る、文学史上最も切ない幕末ホラーミステリ。

3.『悪魔を殺した男』(2020/11/26発売)

講談社

<あらすじ>
あの衝撃から二年、悪魔の象徴「逆さ五芒星」連続殺人事件の犯人はひとり白い密室にいた。閉鎖病棟で静かにたたずむ「悪魔」はなにを黙考するのか?

嫉妬、陰謀、欲望、快楽・・・業に塗れた人間が引き起こす事件は、新たな事件を呼び、眩暈に見舞われる。視えなくてもよいものが視えてしまう「悪魔」を、もうひとりの凶悪な「悪魔」が追い詰める!

臨床心理士で捜査一課に抜擢された志津香の奮闘もスリリング。『悪魔と呼ばれた男』を越える、ノンストップ・ノワール・ミステリー!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



神永学の文庫本新刊情報

1.『心霊探偵八雲 12 魂の深淵』(2022/5/24発売)

文庫最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
16年にわたって紡がれた「心霊探偵八雲」シリーズ、遂に完結! 深淵の果てに、八雲が見たものとは――。

八雲の宿敵・七瀬美雪の手によって、昏睡状態に陥ってしまった晴香。絶望感に苛まれる後藤、石井、真琴だったが、八雲は彼らを置いて姿を消してしまう。

晴香を守り切れず、無力感と後悔の念に襲われる八雲の前に、元凶の七瀬美雪が現れる。「始まりの場所で待っている」そう告げる彼女を追いながら、八雲は重大な決断を迫られていて……。

2020年刊行作品の文庫版です。

2.『心霊探偵八雲 COMPLETE FILES』(2020/6/25発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
ファン待望!八雲の魅力を一冊に!

心霊探偵八雲シリーズ、16年間分の魅力をぎゅっと凝縮。ここでしか読むことができない短編や、未公開のイラストギャラリーまで掲載。

ファン待望の一冊がここに!!

2020年刊行作品の文庫版です。

3.『浮雲心霊奇譚 血縁の理』(2022/3/18発売)

短編集

集英社

<あらすじ>
小間物屋のせがれが、夜な夜な怨霊を祀る神社へ通っている。相談を受けた浮雲は、別の心霊事件との接点を見出し…… ――〈御霊の理〉

想い人の伊織が武家へ嫁ぐことになり、複雑な思いを抱く八十八。さらに伊織が雀の群れに襲われる心霊現象に悩まされるようになる。 ――〈コトリの理〉

遊女を襲い、その血で絵を描こうとしたという絵師。常軌を逸した男が次に狙うのは!? ――〈血縁の理〉

2020年刊行作品の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

快調に刊行を続けている神永学さん。今後も期待ですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です