小説

神永学「確率捜査官 御子柴岳人シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

神永学「確率捜査官 御子柴岳人シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

神永学さんの「確率捜査官 御子柴岳人シリーズ」は、数学者である主人公の御子柴が、数学的手法で犯人の取り調べを行うという人気シリーズ。

そんな神永学さんの「確率捜査官 御子柴岳人シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

神永学「確率捜査官 御子柴岳人シリーズ」読む順番

現在3作がKADOKAWAから刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

現在刊行中の作品は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム』(2011年)

<あらすじ>
効率的かつ正確な取り調べ方法の検証を目指し、警視庁世田町署内に新設された“特殊取調対策班”。

取調室で起きた暴行事件が原因で異動させられた新米女性刑事・新妻友紀は、常識外れな行動ばかりを繰り返す数学者・御子柴岳人とペアを組んで取り調べに挑むことになるのだが…。

猫を愛し、アメを頬張る、無邪気でワガママなイケメン数学者の圧倒的推理力で容疑者の心理に迫る。

前代未聞の取り調べエンターテインメント!

こちらが第1作目。

取り調べに特化していますが、その方法もユニーク。数学者・御子柴岳人が容疑者の心理に迫っていきます。

2.『確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター』(2015年)

<あらすじ>
取り調べの可視化と効率化を図るために新設された“特殊取調対策班”。

この部署でコンビを組むのはカタブツ新米刑事の新妻友紀と天才数学者・御子柴岳人だ。彼らが挑む新たな難題は、大物政治家宅で起きた窃盗事件。

一見単純な事件に思えたが、御子柴は被疑者の供述から裏で糸を引く“ゲームマスター”の存在に気付く。

毒舌で自由奔放な御子柴に振り回されながら、友紀が辿り着く真相とは!?

前代未聞の取り調べエンタメ第2弾。

2作目は、大物政治家宅で起きた窃盗事件から、真の黒幕を探り当てていきます。

3.『確率捜査官 御子柴岳人 ファイヤーゲーム』(2018年)

<あらすじ>
効率的かつ公平な取り調べを目的として新設された“特殊取調対策班”。

この部署に所属する新米刑事の新妻友紀と天才数学者・御子柴岳人は、消防局から連続放火事件の捜査協力を要請される。

一度は犯人の逮捕に成功したものの、裏で糸を引く男の存在に気付いた2人。火の神・カグツチを名乗り凶行を繰り返す犯人の正体とは。

炎に隠された知られざる真実を、御子柴の頭脳が炙り出す!

前代未聞の取り調べエンタメ第3弾。

3作目は連続放火から、真の犯人を探り当てていきます。



まとめ

それではおさらいします。

神永学「確率捜査官 御子柴岳人シリーズ」の読む順番は以上のようになります。まだまだ3作。追いかけやすいですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です