小説

【2020年最新版】大倉崇裕の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

大倉崇裕の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

1998年「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞した大倉崇裕(おおくら・たかひろ)さん。

多くのミステリー作品に加え、名探偵コナンの脚本を担当したりと、幅広く活躍されています。

そんな大倉崇裕さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

まずは一覧で紹介します。

文庫本新刊

  1. 『秋霧』(2020/7/15発売)
  2. 『福家警部補の追及』(2020/5/20発売)
  3. 『芸人と俳人』(2018/7/20発売)

それでは、簡単なあらすじを含めてそれぞれ見ていきましょう。

大倉崇裕の単行本新刊情報

1.『アロワナを愛した容疑者 警視庁いきもの係』(2019/6/13発売)

最新刊、短編集

講談社

<あらすじ>
連ドラ化もされた大人気「警視庁いきもの係」シリーズ、待望の第5弾!「タカを愛した容疑者」「アロワナを愛した容疑者」「ランを愛した容疑者」の3作品を収録。

さらに「アロワナを愛した容疑者」では、大好評「福家警部補」シリーズの主役・福家警部補と警視庁いきもの係の薄、須藤が夢の共演! このコラボは見逃せない!!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『死神刑事』(2018/9/20発売)

短編集

幻冬舎

<あらすじ>
一年前に起きた『星乃洋太郎殺害事件』で、逮捕された容疑者に無罪判決が下された。時を同じくして、当事捜査に加わっていた大塚東警察署刑事課・大邊誠のもとに一人の男が現れる。

男の名は、儀藤堅忍。警視庁内にある謎の部署でひとり、無罪確定と同時にその事件の再捜査を始める男だ。警察組織の敗北に等しい無罪判決。再捜査はその傷を抉り出すことを意味した。

儀藤の相棒になる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされることになる。その為、儀藤に付いた渾名は“死神”。大邊は、その相棒に選ばれ、否応無しに再捜査に加わることに―(「死神の目」より)。新感覚警察小説。

3.『琴乃木山荘の不思議事件簿』(2018/6/16発売)

短編集

山と渓谷社

<あらすじ>
棚木絵里は、標高2200mにある山小屋「琴乃木山荘」で働くアルバイト。山荘の目の前には標高2750mの竜頭岳が聳える。

生真面目で繊細なオーナーの琴乃木正美。年齢不詳・正体不明なベテランアルバイトの石飛匠。絵里は彼らと、山で起こる「不思議なできごと」の真相に挑む。

「この小屋、出るでしょう?幽霊」アルバイトの斎藤まゆみは、テント場の先の林の中で人魂を見かけ、さらに男の登山者の幽霊に取り憑かれていると言う。人魂、そして幽霊は本物なのか。絵里はその正体を見破れるか―。(第一話「彷徨う幽霊と消えた登山者」)

ほか、わずかな手がかりから真実を導き出す全七話を収録。気鋭のミステリ作家が挑む「山岳×日常の謎」の新機軸!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



大倉崇裕の文庫本新刊情報

1.『秋霧』(2020/7/15発売)

文庫最新刊

祥伝社

<あらすじ>
「天狗岳に登ってくれんか」死期の迫る伝説的経営者上尾の依頼で登山動画を撮る便利屋の倉持を、なぜか不審な影が待ち受けていた。

一方、元自衛隊特殊部隊員の深江は、未解決殺人の対処に動く警視庁の儀藤から、神出鬼没の殺し屋「霧」の追跡を強要された直後、何者かに襲撃される…。

紅く燃える八ヶ岳に、三つ巴の火線が激しく交錯する、傑作バディ・サスペンス!

2017年刊行作品の文庫版です。

2.『福家警部補の追及』(2020/5/20発売)

中編集

東京創元社

<あらすじ>
未踏峰への夢を息子に託す登山家が、後援を止めようとする会社の相談役を撲殺、登り慣れた山で偽装工作を図る「未完の頂上」。

動物をこよなく愛するペットショップ経営者が、動物を金儲けの道具として扱うブリーダーの義弟を許せず、遂には殺害を決意する「幸福の代償」。

完全犯罪を目論む“善良な”犯人ふたりを追い詰める、福家警部補の決めの一手は。中編二編のシリーズ第四集。

2015年刊行作品の文庫版です。

3.『初恋』(2020/2/7発売)

徳間書店

<あらすじ>
プロボクサー・葛木レオは、余命いくばくもないという診断を受け、歌舞伎町を彷徨っていた。

そんなとき「助けて」と、レオの前を少女が駆け抜ける。レオは咄嗟に反応し、少女を追っていた男をKOしたことから事態は急転。

ヤクザ・チャイニーズマフィア・警察組織が入り乱れ欲望渦巻く“ブツ”を巡る抗争に巻き込まれ、人生で最高に濃密な一夜が幕をあける。



まとめ

それぞれおさらいします。

文庫本新刊

  1. 『秋霧』(2020/7/15発売)
  2. 『福家警部補の追及』(2020/5/20発売)
  3. 『芸人と俳人』(2018/7/20発売)

比較的コンスタントに作品を発表している大倉崇裕さん。新作が楽しみです。

それでは、良い読書体験を!

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です