新刊、新作情報

【2022年最新版】横山秀夫の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

「警察小説といえば横山秀夫さん」というくらい、横山秀夫さんの描く刑事や警官、警察組織には魅力が詰まっています。

そんな横山秀夫さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

横山秀夫の単行本新刊情報

1.『ノースライト』(2019/2/22発売)

最新刊

新潮社

<あらすじ>
一級建築士の青瀬は、信濃追分へ車を走らせていた。

望まれて設計した新築の家。施主の一家も、新しい自宅を前に、あんなに喜んでいたのに…。Y邸は無人だった。そこに越してきたはずの家族の姿はなく、電話機以外に家具もない。ただ一つ、浅間山を望むように置かれた「タウトの椅子」を除けば…。

このY邸でいったい何が起きたのか?

単行本の最新刊になります。

横山秀夫さんにとっては珍しく主人公は警官・刑事ではなく建築士。

しかし横山節ともいえる筆運びは冴え渡り、硬質なストーリーにぐいぐいぐいぐいと引き込まれます。

2020年版(対象は2019年)の各社ミステリーランキングでも上位に入りました。当ブログの総合ランキングでは2位にランク入りしています!

関連記事>各社ミステリー小説ランキングを独自集計!上位15作を紹介[2020版]

文庫版が発売です(下記参照)。

2.『64 (ロクヨン)』(2012/10/1発売)

文藝春秋

<あらすじ>
警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。

刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。

D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。

すでに文庫版が発売されています(下記参照)。

人気の「D県警シリーズ」。「D県警シリーズ」については以下の記事で紹介しています。

関連記事>横山秀夫「D県警シリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

3.『臨場』(2004/4/14発売)

短編集

光文社

<あらすじ>
‘終身検視官’、死者の人生を救えるか--。

辛辣な物言いで一匹狼を貫く組織の異物、倉石義男。その死体に食らいつくような貪欲かつ鋭利な「検視眼」ゆえに、彼には‘終身検視官’なる異名が与えられていた。

誰か一人が特別な発見を連発することなどありえない事件現場で、倉石の異質な「眼」が見抜くものとは……。

組織と個人、職務と情。警察小説の圧倒的世界!

こちらもすでに文庫版が発売されています。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



横山秀夫の文庫本新刊情報

1.『顔 FACE 〈新装版〉』(2022/3/9発売)

文庫最新刊

徳間書店

<あらすじ>
横山秀夫作品唯一の女性主人公、平野瑞穂巡査の活躍を描く異色のD県警シリーズ。

似顔絵捜査官が「顔なき犯人」を追い詰める!

2002年刊行作品の文庫新装版です。

2.『ノースライト』(2021/11/27発売)

新潮社

<あらすじ>
北からの光線が射しこむ信濃追分のY邸。建築士・青瀬稔の最高傑作である。

通じぬ電話に不審を抱き、この邸宅を訪れた青瀬は衝撃を受けた。引き渡し以降、ただの一度も住まれた形跡がないのだ。

消息を絶った施主吉野の痕跡を追ううちに、日本を愛したドイツ人建築家ブルーノ・タウトの存在が浮かび上がってくる。ぶつかりあう魂。ふたつの悲劇。過去からの呼び声。

横山秀夫作品史上、最も美しい謎。

2019年刊行作品の文庫版です。

3.『64 (ロクヨン)』(2015/2/6発売)

文藝春秋

<あらすじ>
元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。

記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。

組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

2012年刊行作品の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『ノースライト』(2019/2/22発売)
  2. 『64 (ロクヨン)』(2012/10/1発売)
  3. 『臨場』(2004/4/14発売)

文庫本新刊

  1. 『顔 FACE 〈新装版〉』(2022/3/9発売)
  2. 『ノースライト』(2021/11/27発売)
  3. 『64 (ロクヨン)』(2015/2/6発売)

小説は2019年の『ノースライト』が最新作になっています。

基本的に近年はかなり寡作な横山秀夫さん。早く新たな作品が読みたいものです。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。