シリーズ作品の読む順番

池井戸潤「花咲舞シリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

池井戸潤「花咲舞シリーズ」の最新作と読む順番、あらすじまとめ

池井戸潤さんの「花咲舞シリーズ」は、大手都市銀行の東京第一銀行の支店で起こるいろいろな問題を、花咲舞と相馬健の本部臨店班のコンビが解決していくストーリーで、テレビドラマにもなっています。

そんな「花咲舞シリーズ」の読む順番紹介します!

「花咲舞シリーズ」読む順番

2作が刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

1.『不祥事』(2004年)

講談社

<あらすじ>
「ベテラン女子行員はコストだよ」そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの”狂咲”こと花咲舞。

トラブルを抱えた支店をまわり(=臨店)、業務改善を指導する舞は、事務と人間観察の名手。

歯に衣着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げる!

池井戸潤さん得意の銀行を舞台にした、痛快エンタメ作品。

1作目のタイトルには「花咲舞」が入っていないので、ご注意ください。

2.『花咲舞が黙ってない』(2017年)

短編集

中央公論新社

<あらすじ>
あの人気キャラクターの最新作 。「読売新聞」好評連載がいきなり文庫に!

東京第一銀行の跳ねっ返り行員・花咲舞は、己の信じる正義のもと、空気は読まず、時にブチ切れながら、問題支店や勘違い行員の指導に奮闘している。

そんな中、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまい……このままでは我が行はダメになる!

歯を食いしばり行内の闇に切り込む、痛快連作短篇

2作目はじつに13年ぶりの刊行。花咲舞は相変わらずの活躍ぶりです。

1作目と出版社が異なっていますので、ご注意ください。

ドラマ版「花咲舞が黙ってない」

杏さん主演で、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で2014年(シーズン1)と2015年(シーズン2)に放送されました。

Amazon prime videoでレンタル配信されています



まとめ

花咲舞シリーズの読む順番は以上のようになります。

今後も続編を期待ですね!

また、日本テレビによるドラマ「花咲舞が黙ってない」公式サイトも開設されています。

なお、池井戸潤さんの作品は、Audibleでも読むこと(聴くこと)ができます。最初の一冊は無料で利用できますので、この機会に試してみてはいかがでしょう。

Audibleについては当ブログでも記事にしていますので、参考までに~。

関連記事>Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です