小説

【2020年最新版】馳星周の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

馳星周の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

『不夜城』(1997年)で鮮烈なデビューを飾り直木賞候補になった馳星周さん。それから23年を経て見事、2020年に直木賞を受賞しました。

そんな馳星周さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

馳星周の単行本新刊情報

1.『少年と犬』(2020/5/15発売)

最新刊

文藝春秋

<あらすじ>
2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。

ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。

そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか……

犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!

単行本はこちらが最新刊になります。

第163回直木賞受賞作品です。

馳星周さんは他にも犬をテーマにした作品を発表しています。

関連記事>犬好き必読の犬小説! おすすめ作品ランキング10作

2.『四神の旗』(2020/4/18発売)

中央公論新社

<あらすじ>
武智麻呂、房前、宇合、麻呂の四兄弟は、父・不比等の意志を受け継ぎ、この国を掌中に収めるため力を合わせる。

だが政の中枢には、不比等が唯一畏れた男、長屋王が君臨していた。

皇族と藤原家。それぞれの野心がぶつかり合い、謀略が交錯するとき、古代史上最大の闇が浮かび上がる――。

3.『殺しの許可証 アンタッチャブル2』(2019/11/23発売)

毎日新聞出版

<あらすじ>
“公安のアンタッチャブル”椿は、代々高級官僚を輩出する名家のスーパーエリート。しかし、その狂人的な言動に部下の宮澤は振りまわされていた。

政府の不祥事の関係者が相次いで死に、椿はその背後に官邸の関与を嗅ぎとる。半信半疑の宮澤は、新設された内閣情報調査室の極秘組織に潜入を試みる…

馳星周の新境地、痛快ノワール・コメディ第2弾!

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



馳星周の文庫本新刊情報

1.『蒼き山嶺』(2020/12/9発売)

文庫最新刊

光文社

<あらすじ>
警察から追われ、刺客に命を狙われながら、それでも男たちは進む。

荒れ狂う風、吹き付ける雪、体力は枯渇し、白い斜面が先を阻む。白馬岳を越え、栂海新道を抜けて日本海まで――。

過酷極まる逃避行の行く末は!? 山岳ミステリーの新たな傑作!!

2018年刊行作品の文庫版です。

2.『神の涙』(2020/12/4発売)

実業之日本社

<あらすじ>
アイヌの木彫り作家と孫娘の家に男が訪ねてきた。殺人、逃走、誘拐。

新直木賞作家が放つ、一気読み必至のサスペンス×家族小説!

2017年刊行作品の文庫版です。

3.『雨降る森の犬』(2020/9/18発売)

集英社

<あらすじ>
父親を病でうしない、母親との確執を抱えた女子中学生の雨音(あまね)は不登校になり、山岳写真家の伯父・道夫のもとに身を寄せた。

道夫はバーニーズ・マウンテン・ドッグのワルテルとともに自前のログハウスに住んでいた。ログハウスの近くには大きな別荘があり、雨音はそこの持ち主の長男で高校生の正樹と知り合う。正樹は再婚した父親と若い母親に対して、複雑な感情を抱えていた。

雨音と正樹は道夫の影響で登山の魅力を知るようになり、道夫の愛犬ワルテルと自然との触れ合いが、二人の心を少しずつ癒していく。

家族の問題を抱えた中学生と高校生が、道夫とワルテルと過ごすなかで自らの生きる方向性を見出していく、心に響く長編小説。

2018年刊行作品の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『少年と犬』(2020/5/15発売)
  2. 『四神の旗』(2020/4/18発売)
  3. 『殺しの許可証 アンタッチャブル2』(2019/11/23発売)

文庫本新刊

  1. 『蒼き山嶺』(2020/12/9発売)
  2. 『神の涙』(2020/12/4発売)
  3. 『雨降る森の犬』(2020/9/18発売)

コンスタントに作品を発表し続けている馳星周さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です