小説

佐々木譲「警官の血シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

佐々木譲「警官の血シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

佐々木譲さんの「警官の血シリーズ」は、警官一家の運命を描いた人気シリーズ

そんな佐々木譲さんの「警官の血シリーズ」の読む順番を紹介いたします!

佐々木譲「警官の血シリーズ」の読む順番

現在2作が新潮社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『警官の血』(2007年)

<あらすじ>
昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。人情味溢れる駐在だった。だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。

その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。

三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。

こちらが第1作目。

三代に渡る警官たちに受け継がれた心を絶妙に描いていきます。

2.『警官の条件』(2011年)

<あらすじ>
警部に昇任し、組織犯罪対策部第一課の係長に抜擢された、安城和也。

彼は自らのチームを指揮し、覚醒剤の新たな流通ルートを解明しようとしていたが、過程で重大な失策を犯してしまう。

重苦しいムードに包まれる警視庁に、あの男が帰ってきた。かつて、“悪徳警官”として石もて追われたはずの、加賀谷仁が!

警察小説の頂点に燦然と輝く『警官の血』――白熱と慟哭の、第二章。

2作目。

安城和也の警官としての運命が二転三転し……一気に読める安定感はさすがです。



まとめ

それではおさらいします。

佐々木譲「警官の血シリーズ」の読む順番は以上のようになります。

現在2作ですのでぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です