小説の新刊、新作情報(作家別) PR

【2024年最新版】大崎梢の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

大崎梢の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】


■7月11日(金)0時から7月15日(月)23時59分までAmazonプライムデー先行セールが開催中。以下エントリーをお忘れなく。

最大15%ポイントアップキャンペーン

元書店員で「日常の謎」を中心に良質なミステリーを発表し続けている大崎梢さん

そんな大崎梢さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から最大5冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

大崎梢の単行本新刊情報

1.『春休みに出会った探偵は』(2024/3/21発売)

最新刊

光文社

<あらすじ>
中学2年生の花南子は、父親の海外勤務によって春休みから一人暮らしを始める。

その場所は曾祖母の五月さんが経営するアパート「さつきハイツ」。その矢先、五月さんがぎっくり腰で入院、心細い花南子のもとに宛先不明の謎の封書が届く。

同級生男子とともにその謎を調べ始める花南子だが、偶然出会った”名探偵“の存在が、花南子の生活を大きく動かし始める……。

ちょっぴり切なくて、心にしみる極上の読後感をお約束します。

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『27000冊ガーデン』(2023/4/19発売)

双葉社

<あらすじ>
星川駒子は県立高校の図書館に勤める学校司書だ。たまたま居合わせた出入りの書店員・針谷敬斗と共に、生徒が巻き込まれた事件の解決に一役買う。

そんな二人のもとには、ディスプレイ荒らしや小口ずらり事件など、図書館や本にまつわる謎が次々と持ち込まれる!?

学校図書館を舞台にすべての本好きに贈る、心あたたまるミステリー。

 

3.『バスクル新宿』(2021/8/19発売)

短編集

講談社

<あらすじ>
たくさんの人々が行き交うバスターミナル「バスクル新宿」。

それぞれの目的地を持つ人々がひととき同じ時間を過ごし、同じ事件に巻き込まれてーー「メフィスト」掲載の連作短編集が待望の書籍化!

文庫版が発売です(下記参照)。

4.『めぐりんと私。』(2021/4/21発売)

短編集

東京創元社

<あらすじ>
三千冊の本を載せて走る移動図書館「本バスめぐりん」との出会いは、屈託を抱えた利用者たちの心を解きほぐしていく。

家族の希望で縁もゆかりもない土地で一人暮らすことになった規子の、本と共に歩んできた半生を描く「本は峠を越えて」や、十八年前になくしたはずの本が見つかったことを引き金に当時の出来事が明るみに出る「昼下がりの見つけもの」など5編を収録。

めぐりんが本と人々を繋ぐ移動図書館ミステリ、シリーズ第二弾。

文庫版が発売です(下記参照)。

5.『もしかして ひょっとして』(2020/10/21発売)

短編集

光文社

<あらすじ>
トラブルやたくらみに巻き込まれて、お人好しが右往左往。助けを求められたなら、放っておくことはできやしない。

誤解も悪意も呑み込んで、奇妙な謎を解き明かせ! にぎやかでアイディアに満ちた6つの短編ミステリ。

 


単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



大崎梢の文庫本新刊情報

1.『めぐりんと私。』(2024/4/10発売)

文庫最新刊、短編集

東京創元社

<あらすじ>
三千冊の本を載せて走る移動図書館「本バスめぐりん」との出会いは、屈託を抱えた利用者たちの心を解きほぐしていく。

家族の希望で縁もゆかりもない土地で一人暮らすことになった規子の、本と共に歩んできた半生を描く「本は峠を越えて」や、十八年前になくしたはずの本が見つかったことを引き金に当時の出来事が明るみに出る「昼下がりの見つけもの」など5編を収録。

めぐりんが本と人々を繋ぐ、ハートフル移動図書館ミステリ、シリーズ第二弾。

2021年刊行作品の文庫版です。

2.『バスクル新宿』(2024/1/16発売)

短編集

講談社

<あらすじ>
会いたい人のもとへ。届けたいもの、伝えたい思い、叶えたい夢を抱えて。

さまざまな人たちが行き交うバスターミナル。そこで起きた事件をきっかけに、繋がるはずのなかった個々の人生が鮮やかに交わってゆく。

目的地に向かい夜を通してひた走るバスが、人生の岐路に立つ人々を朝へと運んでゆく連作短編集。

2021年刊行作品の文庫版です。

3.『さよなら願いごと』(2023/8/9発売)

光文社

<あらすじ>
心躍る夏休み。

琴美は、近所で起きた不思議な盗難事件の解決に大奮闘。祥子の母親への疑念は、三十年前の女の子の殺人事件の謎とつながる。沙也香は、新聞部の企画で町にある廃ホテルについて調べ始める。

のどかな田舎町で思いがけない謎に出会った子どもたち。謎は意外なつながりを見せ、子どもたちは解明に突き進むのだが――。

輝きと驚きに満ちたミステリー。

2020年刊行作品の文庫版です。

4.『ドアを開けたら』(2022/4/15発売)

祥伝社

<あらすじ>
鶴川佑作は横須賀のマンションに住む、独身の五十四歳。借りた雑誌を返すため、同じ階の住人・串本を訪ねた。

だが、インターフォンを押しても返事がなく、鍵もかかっていない。心配になり家に上がると、来客があった痕跡を残して串本が事切れていた。翌日いっぱいまで遺体が発見されては困る事情を抱える佑作は、通報もせずに逃げ出すが、その様子を佐々木紘人と名乗る高校生に撮影され、脅迫を受けることに。

翌朝、考えを改め、通報する覚悟を決めた佑作が紘人とともに部屋を訪れると、今度は遺体が消えていた…… 知人を訪ねただけなのに……最悪の五日間の幕が開く! 著者渾身の本格長編ミステリー!

2018年刊行作品の文庫版です。

5.『彼方のゴールド』(2021/7/7発売)

短編集

文藝春秋

<あらすじ>
スポーツ雑誌編集部に配属された明日香。

選手だけでなく、関わる全ての人の熱き思いに触れて──。

爽快度100%、お仕事青春小説!

2019年刊行作品の文庫版です。


文庫本の新刊情報は以上になります。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『春休みに出会った探偵は』(2024/3/21発売)
  2. 『27000冊ガーデン』(2023/4/19発売)
  3. 『バスクル新宿』(2021/8/19発売)
  4. 『めぐりんと私。』(2021/4/21発売)
  5. 『もしかして ひょっとして』(2020/10/21発売)

文庫本新刊

  1. 『めぐりんと私。』(2024/4/10発売)
  2. 『バスクル新宿』(2024/1/16発売)
  3. 『さよなら願いごと』(2023/8/9発売)
  4. 『ドアを開けたら』(2022/4/15発売)
  5. 『彼方のゴールド』(2021/7/7発売)

コンスタントに作品を発表し続けている大崎梢さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

ABOUT ME
ノルン
現役小説家。エンタメ作品を中心に著作多数。他の作家さんの新刊情報をメインにお届けします。
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。