新刊、新作情報

【2020年最新版】湊かなえの単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

湊かなえの単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

人の心の暗い部分に焦点を当てながらも、上質な物語を発表し続ける湊かなえさん。

そんな湊かなえさんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

湊かなえの単行本新刊情報

1.『カケラ』(2020/5/14発売)

最新刊

集英社

<あらすじ>
美しくなった少女は、なぜ死を選んだのか?

美容クリニックに勤める医師の橘久乃は、久しぶりに訪ねてきた幼なじみから「やせたい」という相談を受ける。

カウンセリングをしていると、小学校時代の同級生・横網八重子の思い出話になった。幼なじみいわく、八重子には娘がいて、その娘は、高校二年から徐々に学校に行かなくなり、卒業後、ドーナツがばらまかれた部屋で亡くなっているのが見つかったという。

母が揚げるドーナツが大好物で、それが激太りの原因とも言われていた。もともと明るく運動神経もよかったというその少女は、なぜ死を選んだのか――?

「美容整形」をテーマに、外見にまつわる自意識や、人の幸せのありかを見つめる、心理ミステリ長編。

こちらが単行本の最新刊になります。

前作『落日』から8ヶ月ぶりの新刊。美容整形をテーマに、美醜や自意識のあり方を問いかけ、心の暗部に迫るという湊かなえさんの本領がいかんなく発揮された作品です。

2020年5月30日には「王様のブランチ」に湊かなえさんがリモート出演しました。

その際のインタビューでは以下のような発言も。

人の外まわりだけを見ながら、その人を分かったつもりになっていませんか? 問いかけたかったので。

外ばっかりを見て、中がないものを考えるとドーナツの形状なのかなと思った。すごい重要な思いを込めています

とても深い言葉です。

ぜひ『カケラ』を読んでみて、この言葉の意味をドーナツのように味わってくださいね。

なお、集英社による『カケラ』特設サイトが開設されています。インタビュー、試し読み等、気になる方はチェックしてみてくださいね。

2.『落日』(2019/9/2発売)

角川春樹事務所

created by Rinker
角川春樹事務所

<あらすじ>
新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。

『笹塚町一家殺害事件』引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた。15年前に起きた、判決も確定しているこの事件を手がけたいという。

笹塚町は千尋の生まれ故郷だった。この事件を、香は何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。“真実”とは、“救い”とは、そして、“表現する”ということは。

絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語。

直木賞の候補作になった作品です。

3.『ブロードキャスト』(2018/8/23発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
町田圭祐は中学時代、陸上部に所属し、駅伝で全国大会を目指していたが、3年生の最後の県大会、わずかの差で出場を逃してしまう。

その後、陸上の強豪校、青海学院高校に入学した圭祐だったが、ある理由から陸上部に入ることを諦め、同じ中学出身の正也から誘われてなんとなく放送部に入部することに。

陸上への未練を感じつつも、正也や同級生の咲楽、先輩女子たちの熱意に触れながら、その面白さに目覚めていく。目標はラジオドラマ部門で全国高校放送コンテストに参加することだったが、制作の方向性を巡って部内で対立が勃発してしまう。

果たして圭祐は、新たな「夢」を見つけられるか―。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



湊かなえの文庫本新刊情報

1.『絶唱』(2019/6/26発売)

最新刊

新潮社

<あらすじ>
五歳のとき双子の妹・毬絵は死んだ。生き残ったのは姉の雪絵──。

奪われた人生を取り戻すため、わたしは今、あの場所に向かう(「楽園」)。思い出すのはいつも、最後に見たあの人の顔、取り消せない自分の言葉、守れなかった小さな命。

あの日に今も、囚われている(「約束」)。誰にも言えない秘密を抱え、四人が辿り着いた南洋の島。ここからまた、物語は動き始める。喪失と再生を描く号泣ミステリー。

2015年の単行本の文庫版です。

2.『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(2018/8/8発売)

短編集

光文社

<あらすじ>
あなたの「正しさ」を憎みます。

女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。

だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き……。(「ポイズンドーター」)母と娘、姉妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。

名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集!

2016年の単行本の文庫版です。

3.『ユートピア』(2018/6/21発売)

集英社

<あらすじ>
太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。

先祖代々からの住人と新たな入居者が混在するその町で生まれ育った久美香は、幼稚園の頃に交通事故に遭い、小学生になっても車椅子生活を送っている。

一方、陶芸家のすみれは、久美香を広告塔に車椅子利用者を支援するブランドの立ち上げを思いつく。出だしは上々だったが、ある噂がネット上で流れ、徐々に歯車が狂い始め―。緊迫の心理ミステリー。

2015年の単行本の文庫版です。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『カケラ』(2020/5/14発売)
  2. 『落日』(2019/9/2発売)
  3. 『ブロードキャスト』(2018/8/23発売)

文庫本新刊

  1. 『絶唱』(2019/6/26発売)
  2. 『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(2018/8/8発売)
  3. 『ユートピア』(2018/6/21発売)

現在単行本は2020年の『カケラ』が最新刊になっています。

文庫は2019年、2018年のものが最新です。今後、文庫の方も期待ですね。

引き続き新刊情報を追っていきますので、こちらの記事を気に入っていただけたら、ぜひブックマーク、シェア等をしてもらえると嬉しいです。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を!

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

Kindle Unlimitedを見てみる

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方だけでなく、ふだんそこまで本を読まない人にもオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを見てみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です