小説

【2020年最新版】吉川英梨の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

吉川英梨の単行本・文庫の新刊/新作最新情報【新刊予定も】

2008年に『私の結婚に関する予言38』で第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞した吉川英梨さん

現在は「原麻希(ハラマキ)シリーズ」等の警察小説を中心としたミステリー作品を多く発表しています。

そんな吉川英梨さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

それぞれ最新刊から3冊を紹介しています。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

吉川英梨の単行本新刊情報

1.『新宿特別区警察署 Lの捜査官』(2020/11/27発売)

最新刊

KADOKAWA

<あらすじ>
歌舞伎町、新宿二丁目、三丁目を管轄する「新宿特別区警察署」。その担当区域の地図上の形から、「新宿L署」と呼ばれている。

その「L署」に本日着任の新井琴音警部は、小3の息子のインフルエンザで初出勤すら危ぶまれていた。夫の敦は警視庁本部捜査一課の刑事だが、琴音のほうが階級は上で、夫婦仲はぎくしゃくしている。

大幅に遅刻しつつも琴音がなんとかL署に到着した途端、個性的な服装の女性部下・堂原六花巡査部長から管内で殺人事件が発生と聞く。歌舞伎町のホテルで全裸の中年女性の遺体が発見され、その女性の息子がノコギリを持ち逃走中というのだ。

琴音は、レズビアンであることをカミングアウトしている六花から、L署が管轄するこの独特な界隈の歴史や情報を聞き、捜査に入る。その夜、二丁目のショーパブで六花に会った敦だが、上階のイベントスペースで無差別殺傷事件が発生。犯人はその場で自殺したが……。

母であり妻であり警察署幹部である琴音と、レズビアンの異色捜査官として男性中心組織の中で闊歩する六花。L署の他の面々と共に、事件解決に向けて奮闘する!

単行本はこちらが最新刊になります。

2.『海蝶』(2020/9/3発売)

最新刊

講談社

<あらすじ>
女性初の潜水士「海蝶」として注目を集める横浜海上保安部所属・忍海愛。

兄の仁は特殊救難隊潜水士、父の正義も優秀な海保潜水士で血統は折り紙付きだ。しかし、愛は海保期待の星ではあるものの、現場には気を使わせるお荷物。

母を東日本大震災の津波で失った愛は、覚悟して海に対峙する。そこに、待ち受けていたのはとんでもない難事件だった。

3.『ブラッド・ロンダリング』(2020/3/26発売)

河出書房新社

<あらすじ>
過去を消し去り、自らの出自を作りかえる―。

警視庁刑事部捜査一課に新人刑事が配属されたその日、駐車場の車に真っ逆さまに突き刺さった死体が発見される。

事件を追う女刑事は、やがて一つの集落を消滅させた凄惨な大火事に辿り着く。加害者家族が背負った過酷な運命。

そして、不可解な行動を続ける新人刑事の過去とは…。

単行本は以上です。続いて文庫の新刊を見ていきましょう!



吉川英梨の文庫本新刊情報

1.『月下蝋人 新東京水上警察』(2020/12/15発売)

文庫最新刊

講談社

<あらすじ>
東京湾に突き出す巨大なガントリークレーンから吊り下げられた蝋人形(ろうにんぎょう)。その中から男性の刺殺体が発見された。

胸元に残された「996」という数字、蝋人形の異様な製法……数々の不可解なヒントから真相に迫る五港臨時署強行犯係。

だが捜査に集中すべき時、班長・碇拓真の心をかき乱す大問題が発生し……。

2.『十三階の神』(2020/9/4発売)

双葉社

<あらすじ>
警察庁公安秘密組織「十三階」。女スパイ・黒江律子の新たな任務が始まる。

かつて地下鉄テロを起こした新興宗教「カイラス蓮昇会」。その教祖の死刑執行が迫り、十三階は揺れていた。

そんなとき、母親がカイラスの分派団体に入信してしまい、律子は単独捜査に乗り出すことに。衝撃のラストが受ける究極のスパイサスペンス。

超人気シリーズ第二弾!

2018年刊行作品の文庫版です。

3.『正義の翼 警視庁53教場(2019/12/24発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
平成31年4月1日。秋に警視庁捜査一課に復帰予定の五味にとって、最後の教え子となる学生が入校してきた。

その夜、府中市内で交番襲撃事件が発生。警官1人が殺され、五味教場の卒業生も重傷を負った。五味は場長の深川が事件当夜、学校を脱走していたことを知る。

犯行とは無関係とされたが、これをきっかけに、過去になく団結していた53教場に綻びが生じ――。

果たして犯人の正体は!? 教場の行方は!? 人気シリーズ第4弾。



まとめ

それぞれおさらいします。

単行本新刊

  1. 『新宿特別区警察署 Lの捜査官』(2020/11/27発売)
  2. 『海蝶』(2020/9/3発売)
  3. 『ブラッド・ロンダリング』(2020/3/26発売)

文庫本新刊

  1. 『月下蝋人 新東京水上警察』(2020/12/15発売)
  2. 『十三階の神』(2020/9/4発売)
  3. 『正義の翼 警視庁53教場』(2019/12/24発売)

コンスタントに作品を発表し続けている吉川英梨さん。新作が楽しみですね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です