小説

中山七里「連続殺人鬼カエル男」シリーズの最新刊、読む順番、あらすじまとめ

中山七里「連続殺人鬼カエル男」シリーズの最新刊、読む順番、あらすじまとめ

中山七里「連続殺人鬼カエル男」シリーズは、殺人鬼「カエル男」の謎を古手川刑事と渡瀬警部が追っていく人気シリーズ。

そんな中山七里「連続殺人鬼カエル男」シリーズの読む順番を紹介いたします!

中山七里「連続殺人鬼カエル男」シリーズの読む順番

現在2作が宝島社から刊行されています。

おすすめの読む順番としても刊行順が一番良いので、順番に紹介していきます。

一覧は以下になります。

それでは、あらすじも含めて順番に見ていきましょう。

1.『連続殺人鬼 カエル男』(2011年)

<あらすじ>
マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。

傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。

警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに……。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の正体とは?

どんでん返しにつぐどんでん返し。最後の一行まで目が離せない。

こちらが第1作目。

このミス大賞の最終候補作としてノミネートされた作品ですが、さすがは「どんでん返しの帝王」と呼ばれるだけのことはある面白さ。

2.『連続殺人鬼カエル男ふたたび』(2019年)

<あらすじ>
凄惨な殺害方法と幼児が書いたような稚拙な犯行声明文、五十音順に行われる凶行から、街中を震撼させた“カエル男連続猟奇殺人事件”。

それから十カ月後、事件を担当した精神科医、御前崎教授の自宅が爆破され、その跡からは粉砕・炭化した死体が出てきた。そしてあの犯行声明文が見つかる――。

カエル男・当真勝雄の報復に、協力要請がかかった埼玉県警の渡瀬&古手川コンビは現場に向かう。さらに医療刑務所から勝雄の保護司だった有働さゆりもアクションを起こし……。

破裂・溶解・粉砕。ふたたび起こる悪夢の先にあるものは……。

実に8年ぶりに刊行された続編。

どんでん返しにも磨きがかかっています。

以上になります。



まとめ

それではおさらいします。

中山七里「連続殺人鬼カエル男」シリーズの読む順番は以上のようになります。現在2作ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは、良い読書体験を!

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です