新刊、新作情報

【2021年最新版】中山七里の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

中山七里の単行本・文庫の新刊・新作最新情報【新刊予定も】

超ハイペースで作品を生み出しているミステリー作家の中山七里さん。

そんな中山七里さんの単行本と文庫の新刊情報をまとめました!

単行本と文庫、それぞれ最新刊から3冊を紹介していきます。

※新刊予定については新刊情報が入り次第、単行本と文庫の「1.」に記載します

中山七里の単行本新刊情報

1.『ヒポクラテスの悔恨』(2021/1/29発売)

最新刊

祥伝社

こちらが最新刊になります。

関連記事>中山七里「ヒポクラテスの誓いシリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

2.『ラスプーチンの庭』(2021/1/29発売)

KADOKAWA

<あらすじ>
現代医療の闇に迫る孤高の刑事。犬養隼人シリーズ待望の最新作!

腎不全を患う中学生の娘・沙耶香を病院に見舞った警視庁捜査一課の犬養隼人は、沙耶香の友人の庄野祐樹という少年を知る。長い入院生活を送る祐樹だったが、自宅療養に切り替えるとして、突如退院することになる。

1カ月後、犬養と沙耶香は祐樹が亡くなったこと知り、告別式に参列するが、そこで祐樹の身体の奇妙な痣に気付く。捜査を続ける中で、痣は〈ナチュラリー〉という民間医療団体の施術によるものと判明するが――。

団体を主宰する謎の男・織田豊水の正体とは。民間療法の闇を描く、「刑事犬養隼人シリーズ」待望の最新作!

こちらが最新刊になります。

人気の犬養隼人シリーズ最新作です。

関連記事>中山七里「刑事犬養隼人シリーズ」の最新刊と読む順番、あらすじまとめ

3.『境界線』(2020/12/16発売)

NHK出版

<あらすじ>
2018年刊行の『護られなかった者たちへ』と同じく宮城県警捜査一課を舞台に、東日本大震災による行方不明者と個人情報ビジネスという復興の闇を照らし出していく。

震災によって引かれてしまった“境界線”に翻弄される人々の行く末は、果たして。

「どんでん返しの帝王」・中山七里が挑む、慟哭必至の骨太の社会派ヒューマンミステリー小説。

著者デビュー10周年記念、12ヶ月連続刊行企画第12弾です。



中山七里の文庫本新刊情報

1.『合唱 岬洋介の帰還』(2021/6/4発売)

文庫最新刊

宝島社

<あらすじ>
幼稚園で幼児らを惨殺した直後、自らに覚醒剤を注射した“平成最悪の凶悪犯”仙街不比等。

彼の担当検事になった天生は、刑法第39条によって仙街に無罪判決が下ることを恐れ、検事調べで仙街の殺意が立証できないかと苦慮する。

しかし、取り調べ中に突如意識を失ってしまい、目を覚ましたとき、目の前には仙街の銃殺死体があった。指紋や硝煙反応が検出され、身に覚えのない殺害容疑で逮捕されてしまう天生。

そんな彼を救うため、旧友・岬洋介が地球の裏側から急遽駆けつける。そして悪徳弁護士や熱血刑事、死体好きな法医学者たちと相まみえ……。

中山作品の主要人気キャラクターたちが集結する“アベンジャーズ”回! さらに完全保存版の「全中山作品相関 図」付き。

2018年刊行の作品の文庫版です。

2.『TAS 特別師弟捜査員』(2021/4/20発売)

集英社

<あらすじ>
「ねえ。慎也くん、放課後ヒマだったりする?」

楓から突然声をかけられた慎也は驚いた。楓は学園のアイドルで、自分とは何の接点もないからだ。用件を言わず立ち去る楓を不審に思いながらも、声をかけられたことで慎也の胸は高鳴っていた。彼女が校舎の3階から転落死するまでは――。

事故か、自殺か、それとも事件か。学校は騒然となるが、さらに彼女が麻薬常習者だったという噂が流れる。学校での警察の聞き取り調査が始まった。そこに現れたのは、慎也の従兄弟で刑事の公彦。

公彦は、転落死の真相を探るため、教育実習生として学園に潜入することを決める。公彦と慎也は力を合わせて事件を解決できるのか――。そして、なぜ楓は、慎也を呼び出したのか――。

予想だにしない結末が二人を待ち受ける。

2018年刊行の作品の文庫版です。

3.『静おばあちゃんと要介護探偵』(2021/2/9発売)

文藝春秋

<あらすじ>
元判事の静の同級生が密室で死亡した。

事件は事故か、他殺か、あるいは自殺か?

最後まで展開が読めないノンストップ・ミステリー!

また、2020年には著者デビュー10周年を記念し、12ヶ月連続刊行を果たしました。

その12作のリストを先に紹介します。

中山七里12ヶ月連続刊行の著作一覧



まとめ

おさらいします!

単行本新刊

  1. 『ヒポクラテスの悔恨』(2021/5/13発売)
  2. 『ラスプーチンの庭』(2021/1/29発売)
  3. 『境界線』(2020/12/16発売)

文庫本新刊

  1. 『合唱 岬洋介の帰還』(2021/6/4発売)
  2. 『TAS 特別師弟捜査員』(2021/4/20発売)
  3. 『静おばあちゃんと要介護探偵』(2021/2/9発売)

超人的なペースで刊行を続ける中山七里さん。

2020年、12ヶ月連続刊行は無事に達成されました。今後も期待です。

関連記事

Kindle Unlimitedで限界を超えた読書体験を

中山七里さんの『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)『護られなかった者たちへ』等はKindle Unlimitedの対象作品です。

「Kindle Unlimited」は、月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。

専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。

1~2冊読めば元が取れますので、ふだんそのくらいの量の本を読んでいる方や、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。

最初の1ヶ月は無料体験できますので、合わなければ退会しても問題ありません。

Kindle Unlimitedで新たな読書体験を!

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です