映画

東野圭吾「ガリレオシリーズ」の映画化作品を全部紹介

東野圭吾「ガリレオシリーズ」の映画化作品を全部紹介

東野圭吾作品を代表するシリーズのひとつ、湯川学准教授が活躍する「ガリレオシリーズ」は映画化もされています。

福山雅治さんが主役の帝都大学理工学部物理学科准教授・湯川学を演じ、人気作品となっています。

そこで、映画版「ガリレオシリーズ」を紹介いたします!

※画像出典:Netflix

1.「容疑者Xの献身」 

<あらすじ>
05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。

顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。

監督は「県庁の星」の西谷弘。

東野圭吾さん直木賞受賞作の『容疑者Xの献身』の映画化作品です。

主演はガリレオ役でおなじみの福山雅治さん、ヒロインは柴咲コウさん。そしてキーマンとなる石神役を堤真一さんが演じます。

ストーリーのクオリティの高さは原作でも実証済み。そして人気ドラマシリーズであるガリレオ製作陣による緊張感のある描写は、2時間という尺があっという間に過ぎていきます。

原作

関連記事>東野圭吾の直木賞受賞作品、直木賞候補作品全6作を紹介

2.「真夏の方程式」

<あらすじ>
東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。

子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。

手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦で海底資源の開発計画が持ち上がり、その説明会に招かれた湯川は、宿泊先の旅館「緑岩荘」でひとりの少年・恭平と出会う。やがて旅館の近くで男性の変死体が発見され、遺体の身元が「緑岩荘」に宿泊していた元捜査一課の刑事・塚原だということがわかる。

地元警察は塚原の死を転落死として処理しようとするが、現地入りした捜査一課の岸谷美砂は、塚原の死に不可解な点があることに気づき、湯川に事件解決への協力を依頼する。

吉高由里子、北村一輝らシリーズのレギュラー陣に加え、杏、風吹ジュン、前田吟らが共演。

監督は前作「容疑者Xの献身」と同じく西谷弘。

こちらも名作『真夏の方程式』の映画化作品。

主演は福山雅治さん、そしてヒロインは吉高由里子さん。

夏休みに海の街で起きた事件を、ガリレオはどのように解決に導いていくのか。見事な演出に思わず見入ってしまいます。

原作



まとめ

  1. 「容疑者Xの献身」(2008年)
  2. 「真夏の方程式」(2013年)

以上が「ガリレオシリーズ」の映画化作品となります。

原作のガリレオシリーズはまだまだ続いています。新作映画もそろそろ期待したいですね。

フジテレビオンデマンド(FOD)では「ガリレオ特集」として、映画作品に加えてドラマ本編とスピンオフを見ることができます。

ドラマ化作品については以下の記事で紹介しています。

関連記事>東野圭吾ドラマ「ガリレオシリーズ」の見る順番~どの原作かも紹介

また、原作ガリレオシリーズについては以下の記事で紹介していますので、よろしければ見てみてくださいね。

関連記事>東野圭吾「ガリレオシリーズ」の読む順番、おすすめランキング

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です